平尾公彦の学歴や経歴などwiki的なプロフィール【サイエンスZERO】

今世界的に注目を集めている平尾公彦さんがサイエンスZEROに出演されます。

皆さん、平尾さんをご存知ですか?
実は、『日本の財産』とも言える程、すごいもの研究に関わっているのです!

どうして平尾さんに今注目が集まっているのか
何がすごいのか

世界的から注目を集めている
平尾公彦さんの学歴や経歴、プロフィールなどがとても気になったので
調べてみました!

日本の未来が見えてくるかもですよ〜
それでは一緒に見ていきましょう!

平尾公彦さん学歴・経歴wiki的プロフィール①学歴

http://www.aics.riken.jp/jp/overview/greeting.html 出典: www.aics.riken.jp

名前:平尾公彦(ひらおきみひこ)

生年月日:1945年

出身:愛媛県

出身大学:京都大学大学院工学研究科博士課程(1974 年修了)

研究テーマ:量子化学における分子理論の開発

終戦の年愛媛県で誕生された平尾さん。
20代で既に分子理論の開発の研究をされていたのですね。

私の知り合いにも京都大学の方がいらっしゃいますが、
平尾さんを始め歴代ノーベル賞受賞者の方々など、
本当にたくさんのすごい方々がいらっしゃるのですね!

(私の知り合いも、将来こんな風に有名になっていくんでしょうか。
・・・今のうちにサインもらっておこうかな。)

話が逸れましたが、次は平尾公彦さんの経歴を見ていきましょう!

平尾公彦さんの学歴・経歴wiki的プロフィール②経歴

2005年度
東京大学 大学院・工学研究科 教授

2011年度~2014年度
独立行政法人理化学研究所 研究員
独立行政法人理化学研究所 計算科学研究機構 機構長

2015年度
独立行政法人理化学研究所 計算科学研究機構長
同次世代スーパーコンピュータ開発実施本部副本部長
同基幹研究所次世代分子理論特別研究ユニットリーダー
東京大学名誉教授

・・・す、すごい経歴ですね!

「理化学研究所 計算科学研究機構」って聞いて事ありますか?

聞いたことあっても長くて覚えていない方も多いのではないでしょうか。

じゃあ、「理研」は?

あっ、「リケンのノンオイル」知ってる!

理研って、いろんなことしているのですね。
なんだかドレッシング屋さんな気がしていました。

この理化学研究所計算科学研究機構が運用しているのが
今回サイエンスZEROでも取り上げられるスーパーコンピュータ「京(けい)」なのです!

そしてこれが、今平尾公彦さんが注目を集めている理由なのです!

すごい経歴の平尾公彦さんが今注目を集めている理由はスーパーコンピューター「京」

出典: techon.nikkeibp.co.jp 出典: techon.nikkeibp.co.jp

「スーパーコンピューターって、そもそもなんなの?」
「すっごいでっかいコンピュータ?」

なんだかすごそうですが、いまいちピンときませんよね。

じゃあ、これは?

「世界一になる理由は何があるんでしょうか?2位じゃダメなんでしょうか?」

これ、覚えている方も多いじゃないでしょうか。
そう、蓮舫さんに予算削減されたアレです。

今回サイエンスZEROでも取り上げられる「スーパーコンピュータ京(けい)」は
1100億円の費用をかけて2012年に完成した
日本の誇るスーパーコンピューターなのです。

スーパーコンピューター京についてもう少し知りたい方は
この動画を見ると、すっごく優しく教えてくれます!

ナレーションがわかりやすくて、びっくりしますよ!

動画を見て頂くとわかるように、
「京」は2014年に世界一を奪還したのです。

世界一です!世界一!
そして、その世界一にはとっても大きな意味があるのです。

その辺りは、サイエンスZEROを見てのお楽しみですね。

平尾公彦さんのサイエンスZERO出演、ここに注目!

平尾公彦さんの学歴経歴プロフィールなどを見てきましたが、
やはりひとつのことを極めた方は、本当にすごいですね。

世界に誇る平尾公彦さん。

だって、スーパーコンピューター「京」
自動車や薬といったものづくりや、
多くの人の命を守る大地震の被害予測など防災・減災まで、
予測するための研究がなされているんです。

さらに、今芸能人の方のガンなどで注目が集まる医療分野でも、
適切な手術方法を予測することもできるようになるのだとか!!

私達の未来も、「京」の研究でどんどん変わっていくかも知れません。

番組では、そんな平尾さんのスーパーコンピューター「京」との闘いや、
日本の明るい未来のお話が聞けることを期待しています!

・・・裏話なんかも聞けたら楽しそうですよね、予算削減された時の・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加